微生物 性状特性試験: 検査対象菌について、培養温度やpHなどを振らせる特性試験を実施すると、その菌の至適増殖条件を知ることができます。

性状特性試験

微生物 性状特性試験 (Characterization) (センシメディア法)

センシメディア法によれば、微生物の増殖程度がグラフで容易に表示でき、把握できますので、培養温度やpH、塩分濃度や添加物濃度などを多段的に変えて増殖特性をグラフで表示させる特性試験(characterization) が比較的容易に実施できます。

 

 

耐熱性好酸性菌 Alicyclobaacillus acidoterrestris の 特性試験 (例)

 

オレンジジュースなどの品質問題を引き起こすこの菌は耐熱性で酸性で増殖します。このため、寒天培地では至適培養をすることが困難です。センシメディアは密閉型で高温度帯での培養も問題ありませんので、容易に性状を把握することができます。

 

ATCC組成の液体培地を使用した特性試験の結果は、次のようになります。
培養温度を 55℃、50℃、45℃、40℃ と変えていきますが、各温度で、 pH4.0(青)、pH4.35(茶)、pH4.7(薄紫)、pH5.2(緑)というように、パラメータを変化させて増殖の程度をグラフに表示させています。
下記のグラフから、この菌は50℃で、pH4.7のときが一番増殖が速いことが分かります。

 

Alicyclobaacillus acidoterrestris 55℃培養

 

Alicyclobaacillus acidoterrestris 50℃培養

 

Alicyclobaacillus acidoterrestris 45℃培養

 

Alicyclobaacillus acidoterrestris 40℃培養

関連ページ

センシメディア 微生物迅速検出法
(検出キット, 自動検出装置)
呈色反応方式のセンシメディア法では、機器を使わず検査キット単体で、微生物の迅速な検出ができます。Biomatic VDCS 装置を使用すれば全自動迅速検出ができます。
液体培地 評価法
センシメディア法(培養してCO2検出)を採用して,標準菌株を使用すれば,液体培地の性能がグラフで精確に把握でき,評価できます。また、培養温度や培地pHのようなパラメータを変化させて行う特性試験により液体培地の組成も最良のものに調整することができます。

ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要