自動迅速微生物培養検出、迅速検査キット、培地の製造・販売をしています。

微生物迅速検査法 [ マイクロバイオ社 アプローチ ]

マイクロバイオ社微生物迅速検査法の開発につきまして、

MicroBio μ3D

 微生物検査の問題について解決策を提供します

マイクロバイオ 微生物検出・計数システム

 

当社は、微生物検査の技術開発にあたって、検査システムの構築 を次のようなテーマを達成するものとして設定しました。

  • かんたんで、精確で、迅速に
  • 微生物検査方法の全域を網羅して、
  • 従来の標準培養法を科学的な手法へと変換!

 

技術開発をするとき、生菌を捉える(生け捕りにする)のに一番よい検出要素は何かを検討しています。
そして、CO2の検出とコロニーの検出が歴史的な実績上、最も適しているという結論に至っています。
つまり、従来の標準培養法を全自動化して迅速検出を達成しています。

 

 

CO2の検出 

センシメディアセンシメディア     Biomatic VDCSBiomatic VDCS

 

コロニーの検出

寒天培地culture media     MicroBio μ3D MicroBio μ3D

 

 

さらに、微生物検査を定性試験定量試験に分けて検討しています。
そして、増殖程度を数値化してグラフで表示できるようにしています。

 

CO2とコロニーの検査要素がどの培養法に適しているかを検討したとき、液体培地と寒天培地がそれぞれ適しています。

  • CO2    => 液体培地
  • コロニー  => 寒天培地

そして、全自動微生物迅速検出法として開発されたのが、
     センシメディア法(定性試験用);
     タイムラプス影像解析法(定量(定性)試験用);
になります。

 

そうして生菌検査システムを構築するとき、生きた微生物が試験する試料中に存在しないことを確認するには「1微生物」でもいたら、培養すればこの時間までに反応する」ということを検証して明確に把握しておく必要があります。

 

無菌検査では、検査が終了したときは何も起きない(生菌がいない)ということで、菌がいないことを確認していることになります。
ということは、培養したとき、検出するときには、検出システムの精度と再現性が良い必要があります。

 

結局のところ、システムの検出性能は液体培地や寒天培地の性能と品質に依存していることになります。

 

システムが培地に依存しているということは、システムが培地の性能の違いが分かるということになりますので、このシステムを使用すれば、培地の性能を評価できることにもなります。
センシメディア法もタイムラプス影像解析法も培地の性能をグラフで表示できますので、培地性能を確実に評価できます。

 

検査(陰性試験)は「逆も真なり」です。

 

性能が良い培地を使用して培養法を自動化し、培養しながら速く確実に検出する再現性の高い方法を開発し、その時間までに何も起きないことを確認すればよいということになります。


関連ページ

微生物検査
自動化・迅速化の恩恵
MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置は培養法(公定法)を自動化した迅速検査法を採用したシステムで、培養しながらマイクロコロニーをリアルタイムで検出し,一般生菌数も迅速にカウントします。フィルター法や自動通報,遠隔操作も可能です。検査の自動化迅速化、検査データの電子ファイル管理、在庫の軽減に貢献します。
マイクロバイオ 微生物検査
 総合システム
マイクロバイオ社の微生物検査システムは、MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置とBiomatic VDCS全自動迅速微生物検出装置、寒天培地と検査キット センシメディアから成る、生菌を迅速検出して増殖状況を分析できる定性・定量試験の総合システムです。
微生物検査の数値化
マイクロバイオ社の微生物検査システムは、MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置とBiomatic VDCS全自動迅速微生物検出装置、寒天培地と検査キット センシメディアから成る、生菌を迅速検出して増殖状況を分析できる定性・定量試験の総合システムです。
微生物検査全自動化・迅速化
 [ 定性試験と定量試験 ]
マイクロバイオ社の微生物検査システムは、MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置とBiomatic VDCS全自動迅速微生物検出装置、寒天培地と検査キット センシメディアから成る、生菌を迅速検出して増殖状況を分析できる定性・定量試験の総合システムです。

ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要