大腸菌群 迅速検出キット: 迅速な大腸菌群の陰性試験に最適な検出キットです。

大腸菌群の陰性試験が確実です!

大腸菌群の陰性試験が確実です!

だれにでも かんたんに 確実な検査ができるセンシメディア SM がお薦めです。
〇検査キットだけで、微生物自動迅速検出装置と同等の検査が実施できます。

 

迅速微生物検出キット センシメディア

 

センシメディアは、試料中の菌数と検出時間の関係において液体培地の性能がよく把握されている再現性のよい検査用具です。大腸菌群の陰性を迅速に確認することを目的に使用される大腸菌群迅速検出キットであるセンシメディアは、目的に応じて性能が設定してあります。センシメディアは定性試験に適していますが、検出確率を上げるためにも、試料の量は最低1ml以上添加できるように各種のタイプを用意しています。検査を全自動化するため、センシメディア用 微生物 迅速検出装置 Biomatic VDCS を用意しています。

大腸菌群 陰性試験

迅速微生物検出キット センシメディア SMシリーズ迅速微生物検出キット センシメディア SMシリーズ

 

センシメディア SM シリーズには、大腸菌群の検出性能が異なるものが大きく分けて次の4種類あります。ご希望の用途に合うものをお使いください。
試料1ml添加して適切な温度でそれぞれの用具の検査プロトコル時間まで培養します。菌が検出されたら、センサーが黄色に変わります。

センシメディア 微生物検出反応

キャップを開けて、試料を入れるだけです!

 

いずれのセンシメディアも芽胞菌などは検査プロトコル中では反応しないように抑制されています。
特に、公定法のBGLBは抑制が一番強いのですが、その分、検出時間が遅れます。

 

製品番号

製品名

菌10の3乗

検出時間

1微生物

検出時間

SM016 腸内細菌用

7.5h

9.5h

SM002 大腸菌群用

8.5h

11.0h

SM031 ECブロス

10.5h

13.5h

SM019 BGLB

12.5h

15.5h

※ 検出時間を過ぎれば大腸菌群陰性として検査を終了できます。
※ 24時間の検査プロトコルであれば、上のどのセンシメディアを使用しても
  確実な大腸菌群陰性検査ができます。

 

センシメディア 大腸菌 検出性能

※ グラフは、寒天培地用 MicroBio μ3D でコロニーを正確にカウントし、
  補正されています。

 

その他、 乳糖ブイヨン(SM018)や EE ブイヨン培地(SM028)のセンシメディアがあります。目的に応じてご利用ください。(※ ご希望の培地によるセンシメディアが提供できますので、お問合せください。)
どのセンシメディア(SM,SML)も センシメディア用 微生物 迅速検出装置 Biomatic VDCSを採用すれば検査を全自動化できます。菌が検出されるとスマートフォンにemailなどで通報できます。
夜勤廃止も可能です。

 

 

センシメディア SMLシリーズセンシメディア 大腸菌 検出性能

 

センシメディア SML シリーズを使用すると、大腸菌群陰性試験が''試料5ml以上を添加して実施できます。

 

SML016 腸内細菌用 (試料5ml添加用)
基本性能は、SM016 と同じです。5ml試料を添加できますが、試料によってはそれよりも多量に添加できます。

 

SML016-20 腸内細菌用 (試料20ml添加用)

キャップを開けて、試料を入れるだけです!

 

センシメディア試料20ml添加用 腸内細菌検出用で、基本性能はSM016と同じですが、試料を20ml添加できるように設定されています。  牛乳を例に挙げます。牛乳20ml添加 陰性 牛乳を20ml入れて大腸菌検査を実施しますと、 牛乳20ml添加 培養後陽性 大腸菌が検出されたとき、センサーが黄色になります。試料を20ml添加するので、1mlのときと比べて検出確率が20倍になります。

 

大腸菌群陰性

試験前

牛乳試料20ml添加後

培養して陰性

牛乳試料20ml添加後

培養して陽性

センシメディア 大腸菌群陰性試験 試料20ml添加用

牛乳試料20mlメディア添加 大腸菌群 陰性

牛乳試料20mlメディア添加 大腸菌群 陽性

 

SML002 大腸菌群用
このセンシメディアの基本性能は、SM002と同じです。

 

SML002P 大腸菌群用(油脂系用 例 マーガリン、バターなど)
マーガリンやバターといった試料は液体培地には溶けにくいので、レシチンとポリソルベートを規定量配合しています。
試料を固形状で添加しても良く溶けます。

 

センシメディア用 微生物 迅速検出装置 【全自動】

センシメディア 大腸菌群 陽性 牛乳試料20ml

センシメディア 大腸菌群 陽性 牛乳試料20ml

 

定性試験用 ビデオモニター方式

 

センシメディアは、単体で迅速な微生物検出ができますが、センシメディア用 微生物 迅速検出装置 Biomatic VDCSを使用すれば、検出が自動化でき、検出時には自動通報されます。


関連ページ

【寒天培地混釈(公定法)】
【大腸菌群 自動迅速検出】
牛乳試料2ml 混釈でも大腸菌群を全自動で迅速に検出します!
デソキシコレイト寒天培地の混釈試料による全自動迅速大腸菌群陰性試験ができます。ACM混釈用培地と再現性の高いMicroBio μ3D全自動迅速微生物検出装置を使用することで牛乳試料2mlの大腸菌群陰性試験が実施できています。
【大腸菌群・大腸菌 迅速検出】
大腸菌群を検出して大腸菌の検出確認ができます!
センシメディア(培養してCO2を検出する迅速微生物検査キット)で大腸菌を選択的に検出できますが,大腸菌群を迅速に検出した後,大腸菌もl混在しているか確認できます。
【一般生菌数 自動迅速カウント】
カット野菜試料中の一般生菌数も迅速に全自動カウントできます!
MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置を使用すれば,一般生菌数を迅速に計数できます。培養しなfがらマイクロコロニーを検出してカウント開始するので、検出・計数が速くて正確です。1枚のシャーレで1コロニーから数千コロニーまで精確に計数できます。希釈系列は必要ありません。
【フィルター法 自動迅速検出]
フィルター法で微生物が全自動迅速検出できます!
培養温度は25℃や55℃にも設定できますので、高温での好気性の芽胞菌の検出や比較的低温のカビの検出、あるいはフィルターを乗せた寒天培地を嫌気設定パックに入れて乳酸菌を検出するなどの検査が迅速に全自動で実施できます。正確な検出と計数のため、フィルターは罫線のないものを推奨しています。
【カビ 全自動迅速検出・定量】
カビ の全自動迅速検出計数(定量)ができます!
カビ・真菌についても全自動迅速検出ができます。また、正確度の高い定量試験が実施できます。
【耐熱性好酸性菌 迅速検出】
耐熱性好酸性菌の迅速検出ができます!
耐熱性好酸性菌Alicyclobacillus の迅速検出は、検査キットでかんたんで確実に検出できます。MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置を使用すれば、迅速な全自動検出ができます。
【嫌気性菌 全自動 迅速検出】
嫌気性菌も全自動で迅速検出できます!
嫌気設定された寒天培地シャーレを迅速検出装置にセットして検査をスタートすれば,嫌気性菌も全自動で迅速に検出できます。嫌気性菌にはクロストリジウム(高温培養)や乳酸菌、ビフィズス菌などがありますが、培養しながらマイクロコロニーから迅速検出できます。
【エクソフィアラ(黒カビ) Exophiala 迅速検出】
エクソフィアラ(黒カビ)も確実に迅速検出できます!
エクソフィアラは検出が困難な黒カビですが、当社のPDAを MicroBio μ3D でl使用すれば、全自動迅速微生物検出ができます。
【液,粉,固形試料 サルモネラ検出】
液,粉,固形,試料のサルモネラ検出が容易です!
センシメディア検出キットは,試料は,液体,粉末,固形物など,形状や色を問わず,サルモネラを迅速に検出します。
【サルモネラ自動迅速検出】
サルモネラも全自動迅速検出ができます!
サルモネラ用寒天培地を全自動迅速微生物検出装置 MicroBio μ3D で使用すれば、迅速検出ができます。
【好気性菌 カビ 迅速検出】
好気性菌(カビ・酵母など) が迅速検出できます!
好気性菌迅速検出キットのセンシメディアでカビや酵母などの好気性菌を迅速に検出できます。
【嫌気性菌 自動迅速検出】
クロストリジウム(高温) などの嫌気性菌も迅速検出できます!
クロストリジウムなどの嫌気性菌も、MicroBio μ3Dで全自動迅速検出できます
【特性試験 応用例】
ココア抗菌性をグラフで評価した例です!
微生物の特性試験の実例として、迅速微生物検出キットのセンシメディアを使用すれば、抗菌性について、グラフで評価できます。
【食中毒菌 迅速検出キット】
食中毒菌用の迅速検出キットは各種あります!
微生物 迅速検出キット センシメディアで、サルモネラ、黄色ブドウ球菌、セレウス、リステリア、O157など、食中毒菌も迅速検出ができます。

ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要