【エクソフィアラ(黒カビ) 確実迅速検出】 当社のPDAを MicroBio μ3D で使用すれば、全自動迅速微生物検出ができます。

エクソフィアラ(黒カビ)も確実に迅速検出できます!

エクソフィアラ(黒カビ)も確実に迅速検出できます!

                    MicroBio μ3D 全自動 迅速 微生物検出装置用 嫌気設定キット

カビ エクソフィアラ検出 MicroBio μ3D 全自動 迅速 微生物検出装置MicroBio μ3D 全自動 迅速 微生物検出装置

PDA寒天培地シャーレをセットして、スタートするだけです。

(マイクロバイオ社のPDAをお薦めします。)

 

カビ・真菌の中でも「エクソフィアラ」は飲料や日用品の製造で、製品が汚染されて品質問題や回収問題を引き起こしたりしています。※ エクソフィアラは風呂場のタイルの目地に生えるような黒カビです。

 

産業界ではポテトデキストロース(PDA)寒天培地がカビ検出用培地の主力として一般的に採用されていますが、エクソフィアラはPDAにはほとんど増殖しませんので、普通のPDAでは検出が困難です。これが問題を引き起こしている主な原因の一つとなっています。

 

サブロー培地かマイクロバイオ社のPDA(PPM008)を使用すれば、確実に検出できます。この培地を用いて寒天培地用 全自動微生物迅速検出装置 MicroBio μ3D で検査すれば、他のカビ・真菌と同様に、全自動迅で迅速に検出できます。フィルター法の場合でも、エクソフィアラの検出にはこれらの培地が有効です。

 

PDA、GPLP、サブローデキストロースの寒天培地によるエクソフィアラの検出につきまして、MicroBio μ3D の検出試験データを次に示します。
結果としまして、PDA培地に比べて Sabouraud 培地は E. jeanmelsei の増殖を良くサポートしていることが確認できています。

 

グラフによる比較検討を実施していますが、標準分布(ベル形状)を得るにはサンプル数が多い方がよいとされていますので、試料は菌数が1,000個/ml以上の程度とし、培地が持つ増殖サポート性能をグラフで把握し易すくして特性を比較しています。

 

 使用機器:MicroBio μ3D AutoScanner
 標準菌株:Exophiala jeanmelsei (NBRC6858)、
 寒天培地:
    1) ポテトデキストロース寒天培地(PDA)、
    2) レシチン、ポリソルベート添加グルコースペプトン寒天培地(GPLP)、
    3) サブローデキストロース寒天培地(Sabouraud)、
 試料形態:0.1ml 試料、菌濃度は約 1000〜1500個/ml 程度、塗抹、
 培養温度:28℃培養、
 試験結果:168時間培養後確認、

 

E. jeanmelseiの同じ試料をそれぞれの培地に添加しています。培養した結果、
  PDAは0個
  GPLPでは1,138個、
  Sabouraudは1,559個
のコロニーをそれぞれ検出計数しています。このカビは、Sabouraud培地に良く増殖することが確認できましたので、動物性由来のペプトンなどが増殖に必要としていることが分かります。

 

 

ポテトデキストロース寒天培地(PDA)
組成(39.0g(1L分)中):
  ポテトエキス(4.0g)、ブドウ糖(20.0g)、カンテン(15.0g)、
試験結果:
  168時間培養後、検出0個

 

カビ エクソフィアラ検出 PDA検出性能

 

 

ポリソルベート添加グルコースペプトン寒天培地(GPLP)
組成(1L分中) :
  酵母エキス(2.0g)、カゼインペプトン(5.0g)、ブドウ糖(20.0g)、
  カンテン(15.0g)、  硫酸マグネシウム(0.5g)、
  りん酸二水素カリウム(1.0g)、レシチン(15.0g)、ポリソルベート(807g)、
試験結果:
  168時間培養後、検出1,138個

 

 

 

 

サブローデキストロース寒天培地
組成(1L分中) :
  動物組織-ペプシン消化ペプトン(5.0g)、カゼイン-スイ消化ペプトン(5.0g)、
  ブドウ糖(40.0g)、カンテン(15.0g)、
試験結果:
  168時間培養後、検出1,559個

 

 

 

 

 

このことから、純粋なPDAであればあるほど、エクソフィアラの培養ができないということになります。
PDAを使用してエクソフィアラ(黒カビ)を検査しようとしますと、一週間培養しても増殖してきませんので、誤陰性になる可能性が極めて高いことになります。

 

このカビの検出にはサブローデキストロースが大変有効であると言えます。
マイクロバイオ社のPDAは、組成を強化していますので、エクソフィアラもよく検出できます。


関連ページ

【大腸菌群 自動迅速検出】
公定法で、しかも牛乳試料2ml 混釈でも大腸菌群を全自動で迅速に検出します。
デソキシコレイト寒天培地の混釈試料(公定法)による全自動迅速大腸菌群陰性試験ができます。ACM混釈用培地と再現性の高いMicroBio μ3D全自動迅速微生物検出装置を使用することで牛乳試料2mlの大腸菌群陰性試験が実施できています。
【大腸菌群 陰性試験】
何も起きなくても、大腸菌群の陰性試験が確実です。
センシメディアの大腸菌群検出キットは,迅速な陰性試験(何も起きない)に最適です。1微生物レベルの検出ができる再現性の高い検査キットです。キットは多種のタイプがあり,試料の量は1mlでも100mlでも添加可能で,固形物や粉末には便利です。
【大腸菌群・大腸菌 検出】
大腸菌群を検出したとき、大腸菌の検出確認ができます。
センシメディア(培養してCO2を検出する迅速微生物検査キット)で大腸菌を選択的に検出できますが,大腸菌群を迅速に検出した後,大腸菌もl混在しているか確認できます。
カット野菜試料中の一般生菌数も迅速に全自動カウントできます!
MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置を使用すれば,一般生菌数を迅速に計数できます。培養しながらマイクロコロニーを検出してカウント開始するので,検出・計数が速くて正確です。1枚のシャーレで1コロニーから数千コロニーまで精確に計数できます。希釈系列は必要ありません。
【フィルター法 自動迅速検出】
フィルター法で微生物が全自動迅速検出できます。
培養温度は25℃や55℃にも設定できますので,高温での好気性の芽胞菌の検出や比較的低温のカビの検出,あるいはフィルターを乗せた寒天培地を嫌気設定パックに入れて乳酸菌を検出するなどの検査が迅速に全自動で実施できます。正確な検出と計数のため,フィルターは罫線のないものを推奨しています。
【カビ全自動迅速検出・定量】
カビも全自動で迅速検出・定量(コロニー計数)ができます。
カビ・真菌についても全自動迅速検出ができます。また、正確度の高い定量試験が実施できます。
【耐熱性好酸性菌 迅速検出】
耐熱性好酸性菌の迅速検出ができます。
耐熱性好酸性菌Alicyclobacillus の迅速検出は、検査キットでかんたんで確実に検出できます。MicroBio μ3D 全自動迅速微生物検出装置を使用すれば、迅速な全自動検出ができます。
【嫌気性菌 全自動 迅速検出】
嫌気性菌も全自動で迅速検出できます。
嫌気設定された寒天培地シャーレを迅速検出装置にセットして検査をスタートすれば,嫌気性菌も全自動で迅速に検出できます。嫌気性菌にはクロストリジウム(高温培養)や乳酸菌、ビフィズス菌などがありますが、培養しながらマイクロコロニーから迅速検出できます。
【サルモネラ 迅速検出】
液、粉、固形試料のサルモネラ迅速検出が容易です。
センシメディア検出キットは,試料は,液体,粉末,固形物など,形状や色を問わず,サルモネラを迅速に検出します。
【サルモネラ自動迅速検出】
サルモネラも全自動迅速検出ができます。
サルモネラ用寒天培地を全自動迅速微生物検出装置 MicroBio μ3D で使用すれば、迅速検出ができます。
【クロストリジウム迅速検出】
嫌気性菌で高温培養のクロストリジウムを全自動迅速検出します。バリデーションに注意してください。
クロストリジウムなどの嫌気性菌も、MicroBio μ3Dで全自動迅速検出できます
【好気性菌 カビ 迅速検出】
好気性菌(カビ・酵母など) が迅速検出できます。
好気性菌迅速検出キットのセンシメディアでカビや酵母などの好気性菌を迅速に検出できます。
【特性試験 応用例】
ココア抗菌性をグラフで評価した例です。
微生物の特性試験の実例として、迅速微生物検出キットのセンシメディアを使用すれば、抗菌性について、グラフで評価できます。
【食中毒菌 迅速検査キット】
食中毒菌用の迅速検査キットは各種あります。
微生物 迅速検出キット センシメディアで、サルモネラ、黄色ブドウ球菌、セレウス、リステリア、O157など、食中毒菌も迅速検出ができます。

ホーム
定性試験法 定量試験法 VDCS 装置 μ3D 装置 迅速検査キット 培地各種 ご注文 お問合せ 会社概要